スポンサーリンク

IPOSプロジェクトが2月20日からIMOトークンセールを開始

スポンサーリンク
IMOプラットフォームのニュース
IMOプラットフォームのニュース IMOプロジェクトのニュース

先行して「Return of Kings」によるトークンスワップを行い、リニューアルしたIPOSプロジェクトがIMOトークンセールを行うことを発表しました。

トークンセールは2月20日にラウンド1が実施され、ロックアップ率は95%になります。

プロジェクト概要:

IPOS(INTER PLANETARY OPTIMAL STORAGE)は、分散ネットワークで最適なストレージバリューを実現可能にするパブリックネットワークであり、IPOS は ブロックチェーンテクノロジーに基づく分散ストレージシステムです。

分散属性と暗号化アルゴリズムを使用して、ユーザーデータアクセス制御を実装します。

ブロックチェーンの改ざん不可能な性質を利用して、ユーザーデータファイルの信憑性と信頼性を保証します。

ブロックチェーンの分散技術を利用して、ファイル転送プロセス、ストレージノード操作、その他のアクションの透明性を高めます。

ブロックチェーンプラットフォームによって提供されるデトラストメカニズムを利用して、ファイルは P2Pネットワークで暗号化により分割され配布されます。

ファイルの主要なアブストラクトがチェーン化され、ユーザーデータコンテンツを漏洩を防ぎ、クラウドのストレージのコストを削減するだけでなく、ファイル情報の分散管理を保証します。

高いデータメンテナンスコストを回避しながら、ネット環境が直面するさまざまなセキュリティとプライバシーの問題を解決することが出来ます。

同時に、IPOS は完全な経済システムを設計しました(ユーザーはデータストレージとトラフィックサービスを取得します。

マイナーはユーザーが支払うストレージとトラフィック料金を取得します。同時に、マイナーはIPOSネットワークの正常な運用を維持するためにリソースを提供します。マイニング業者にはトークンの形で報酬が与えられます。)

IPOSエコシステムの健全で持続可能な運営を確保することが出来ます。

ソース:IPOS 1 回目のプレセールに関する告知

コメント

タイトルとURLをコピーしました