スポンサーリンク

iPhone向け IMO Wallet が2.0.5にバージョンアップ!新機能と改善点を紹介

スポンサーリンク
IMOプラットフォームのニュース
IMOプラットフォームのニュース

iPhone向けのIMO Walletがバージョン2.0.5にバージョンアップしました。

機能改善と新機能追加が見られたので紹介します。

公式的に発表はされていないものの、筆者にて以下の点が変更されていることを確認しています。

  1. BTC, XRPに対応した。
  2. 招待機能にURLを含められるようになった。
  3. OTC受取方法設定(旧コレクション設定)に銀行口座が追加された。
  4. UIが改善された。

BTC, XRPに対応した

これは厳密には、IMO Walletのアプリ自体よりもシステム側のアップデートになりますが、BTCとXRPに対応しました。

また、1月17日よりBTCを使ってIMOに参加できるようになっています。

招待機能にURLを含められるようになった

もともと、招待機能で招待URLを相手に直接送ることが出来ましたが、後のバージョンアップで相手に送れるのが招待画像のみになってしまっていました。

URLがないと招待をしにくい場面があるため、URLを含められるようになったことで、今までより招待しやすくなりました。

OTC受取方法設定(旧コレクション設定)に銀行口座が追加された

OTC受取方法設定(旧コレクション設定)

今回のバージョンアップにより、OTC受取方法設定(旧コレクション設定)に日本円の銀行口座が追加されました。

OTCを使ったことがない人は多いため、この機会にOTCについて解説します。

OTCは板取引ではなく、ユーザー同士で直接現金や仮想通貨を交換する機能を指します。

本来OTC自体は取引所を介さなくてもできるものの、使わない場合は、どちらかが資金の持ち逃げをするリスクがあります。取引所を使うことにより、資金を取引所に一時的に保留(エスクロー)し、交換が完了してから、保留した資金を解放することで安全な取引を実現できます。

なお、OTCをした場合、仕組み上は単に個人から現金が振り込まれたように見えます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました