スポンサーリンク

Ripple Alphaのウォレットが公開!どのようなものかを検証

スポンサーリンク
IMOプロジェクトのニュース
IMOプロジェクトのニュース

事前に予告されていたRipple Alpha(リップルアルファ)のウォレットがリリースされました。

▼公式アナウンス

リリースされたのは、Web上で扱えるウォレットで、専用のWebウォレットページ「Ripple Alpha Wallet」が用意されています。

あくまでも、このウォレットはRipple Alphaの分散台帳でやりとりできるXLAを送金できるものであり、IMO Wallet及びExchangeで扱われているERC20 XLAに対応していないことにご注意ください。

ウォレットページから「Generate A New Wallet」にアクセスすると、新たなウォレットを作成することができます。ウォレットにアクセスするたびに新たなランダムにアドレスと秘密鍵が生成されます。

画像は記事用にサンプルで生成したウォレットになります。秘密鍵が第三者に知られると、勝手にXLAを送金できてしまうため、当記事のような画像の公開の仕方はくれぐれもやらないようにお願いします。

Web Walletの例

Web Walletの例

実際の送金は「Send Your Ripple Alpha」のページで行うことができます。秘密鍵でウォレットを開き、XRPと同様に宛先とタグ、数量を入れればXLAを送金することができます。

XLAを送金する際にも、リザーブ分が必要になり、Ripple Alphaでは20 XLAになっています。

XLAの送信画面

XLAの送信画面

Ripple Alphaに関する情報

公式情報

Ripple Alpha Association 公式サイト

Ripple Alpha Association Twitter

Ripple Alpha ホワイトペーパー

IMO Fanの情報

Ripple Alpha(XLA)プロジェクト概要と投資評価
Ripple Alphaは”XRPのクジラ”といわれている、SDLキャピタルのSeth Litm氏(@BlkChainpreneur)が関わっているプロジェクトです。 ホワイトペーパーからRipple Alphaがどのようなプロジェク...

コメント

  1. 宮田 より:

    すみません。リップルαウォレットについて質問してもよろしいでしょうか?
    最初にリップルαウォレットのアドレスをつくったときに、サイトをどうしていいかわからず、そのままにしていたのですが、今、見てみたら、受信アドレスが変わってしまっているのですが、最初につくったアドレスは無効になってしまうのでしょうか?秘密キーはあるので大丈夫ですよね?

  2. 宮田 より:

    そうなんですね。ご返信ありがとうございます!助かりました!

  3. しー より:

    教えてください。
    Ripple Alpha Walletから、IMO Exchangeへ送金しようとして Invalid Address となり、なぜかを調べていて、こちらのサイトにたどり着きました。

    「このウォレットはRipple Alphaの分散台帳でやりとりできるXLAを送金できるものであり、IMO Wallet及びExchangeで扱われているERC20 XLAに対応していない」

    との事ですが、Ripple Alpha Walletから、IMO Exchangeへ直接ではなく間接的に送金する方法をご存知ありませんでしょうか?

    • imofan より:

      今のところはそういう方法はありません。

      • しー より:

        そうなんですか。
        お忙しい中、ご返信ありがとうございました。

        大変な時期ですが、お休み中お元気で乗り切られますように。

タイトルとURLをコピーしました