スポンサーリンク

IMOに参加するための準備は? ーIMO Walletのインストールと初期設定手順を解説(iPhone 編)

スポンサーリンク
IMO基礎
IMO基礎

この手順はiPhone向けの記事になります。Android向けはこちらを参照してください。

IMOはやり方によっては、かなり儲かります。私の経験から、1ヶ月に資産を3倍に増やすことも可能です。しかし、最初にIMOに参加できるようになるまで少々手間がかかります。

そこで、この記事では参加方法の初歩であるIMO Walletのインストール方法を解説していきます。

その前に、改めてIMOに参加するための流れを確認していきましょう。

IMO Eco SystemにおけるIMO参加の流れ

IMO Eco SystemにおけるIMO参加の流れ

ご覧のように、IMOではウォレット「IMO Wallet」と取引所「IMO Exchange」の2つを活用します。IMOのトークンを買うのは「IMO Wallet」、売るのは「IMO Exchange」を使うことになります。

それぞれのアカウントは別になっているため、ウォレットと取引所のアカウントの合計2つを作成します。

この記事では、iPhone向けのIMO Walletのインストールから初期設定方法までを解説します。

IMO Walletのインストールと初期設定(iPhone)

この手順はiPhone向けの記事になります。Android向けはこちらを参照してください。

手順概要

iPhoneのIMO Walletは、通常のアプリのインストールに比べて1つ手間が多くなります。TestFlightと呼ばれる、テストアプリを使用するためのアプリをインストールします。

そのため、最初にTestFlightアプリをインストールし、次にIMO Walletをインストールする流れになります。

IMO Walletのインストール後は、IMOのトークンセールにすぐに参加できるようにするための初期設定を進めていきます。

iPhone用 IMO Walletのアカウント作成手順

Test FlightとIMO Walletのインストール

iPhoneでAppStoreのTestFlightのページにアクセスします。このページにPCでアクセスしている場合は、左のQRコード(左:TestFlight)をスキャンします。

TestFlightがインストールされている状態になったら、iPhoneでIMO Walletのページにアクセスします。もし、このページにPCでアクセスしている場合は、右のQRコード(左:IMO Wallet)をスキャンします。

TestFlightとIMO WalletのQRコード

 

IMO Walletのページにアクセスすると下のような画面が表示されます。「テストを開始」をタップし、「同意する」(または、「インストール」)をタップします。

IMO Wallet (iPhone)のインストールと初期設定1

IMO Walletを初回起動すると「デベロッパから」「フィードバックを共有」の画面が表示されるので、表示通りにタップしていきIMO Walletの画面を表示させます。

IMO Wallet (iPhone)のインストールと初期設定2

IMO Walletのアカウント作成

最初に、IMOのラウンド一覧の画面が表示されるので、画面下から「アカウント」をタップします。

その後、ログイン画面が表示されるので、画面下にある「新規登録」をタップします。

IMO Wallet (iPhone)のインストールと初期設定3

新規登録画面で、以下の項目をすべて入力して「新規登録」をタップします。

  • ニックネーム入力:好きなニックネームを入力します。
  • メールアドレス入力:IMO Walletのログインで使用するメールアドレスを入力します。(IMO Exchangeと重複可)
  • 認証コード入力:メールアドレスを入力した後に「コード送信」をタップし、到着したメールに書いてある6桁の数字を入力します。
  • パスワードを入力:パスワードを入力します。
  • パスワード再入力:上記と同じ内容を入力します。
  • 招待コード:招待コードを入力します。IMO Walletは招待コード必須になるため、「1D3A4DE1」を入力します。

IMO Wallet (iPhone)のインストールと初期設定4

その後ログイン画面が表示されるので、先ほどのメールアドレスとパスワードを入力して「ログイン」をタップします。

IMO Wallet (iPhone)のインストールと初期設定5

IMO Walletの初期設定

初回ログイン時に、携帯電話番号の登録指示が表示されます。「設定」をタップして、番号登録に進みます。

表示される画面で、国番号(日本の場合「+81」)と携帯番号を入力して「次へ」をタップします。

認証コード入力の画面に移るので、入力した番号に届いているSMSに書かれている6桁の数字を入力して「確認」をタップします。SMSが届かない場合は「重発」をタップします。

IMO Wallet (iPhone)のインストールと初期設定6

最後に、すぐにIMOに参加できるように支払いパスワードを設定します。

アカウント画面から、ニックネームをタップしてパスワード設定の「設置」をタップします。

IMO Wallet (iPhone)のインストールと初期設定7

さらに「支払いパスワードを設定」をタップし、支払いパスワードとして使う6桁の数字を入力して「確認」をタップします。

IMO Wallet (iPhone)のインストールと初期設定8

これで完了です!

もし、iPhoneからAndroidに買い替えた場合、Android用のIMO Walletをダウンロードして、同じメールアドレスを使ってログインすれば問題ありません。

次にすること

これで、IMOに参加するための準備は整いました。

もし、IMOのトークンセールで購入したトークン売却をできる準備がまだな場合、IMO Exchangeのアカウントを開設します。

IMOで買ったトークンを売却するための準備は? ーIMO Exchangeと初期設定手順を解説
IMOはやり方によっては、かなり儲かります。私の経験から、1ヶ月に資産を3倍に増やすことも可能です。しかし、最初にIMOに参加できるようになるまで少々手間がかかります。 そこで、この記事では参加方法の初歩であるIMO Walletのイ...

IMO Exchangeのアカウント開設が済んでいる場合、IMOのトークンセールに参加して、トークンの購入にトライしてみます。

IMOトークンセールへの参加手順
IMOに参加するための諸々の準備が終わったら、いよいよIMOトークンセールに参加します。 まだ、準備が終わっていない方は、以下のページをご覧ください。 IMOトークンセールに参加するための準備 ▼iPhoneを利用...

コメント

  1. hito より:

    test fightをインストールしてから、以下のように進まないのですが、どうしたらいいでしょうか?

    IMO Walletのページにアクセスすると下のような画面が表示されます。「テストを開始」をタップし、「同意する」(または、「インストール」)をタップします

    • imofan より:

      QRコードが2つ並んでいるうちの右側が、古いリンクになっておりました。

      右側のQRコードを読み取り、IMO Walletをインストールしてみるといかがでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました