IMO基礎

[固定投稿] IMOに初めて参加する人が見るページ – IMOで利益をあげるまでの考え方や方法

IMO(Initial Model Offering)は、やり方によっては驚異的なパフォーマンスを望むことができ、短期間で資産を3倍にすることもできます。 そのようなIMOですが、少々参加手順が複雑です。ゲームに勝つためには、ゲームの...
IMOプラットフォームのニュース

IMOで投票上場キャンペーン開始

IMO Eco Systemは、初となるコミュニティ投票型の上場キャンペーンを開催します。 投票により採択されたプロジェクトは、IMOのトークンセールと取引所への上場を果たすことができるようになります。 投票はIMOトークンを使...
IMOプロジェクトのニュース

SKYHASHがXRGからRIGへのトークンスワップを発表

IMOを実施しているSKYHASH(XRG)は、XRGからRIGへのトークンスワップについて発表しました。 トークンスワップは、3月31日から4月6日にかけて実施されます。SKY Wallet(SKYHASHが用意しているウォレット)...
IMOプロジェクトのニュース

IMOとMDNSのロックアップ率とセール価格が変更、ロックアップ解除できればかなりお得に

IMOとMDNSのロックアップ率が変更になり、それに伴いトークンセール価格が変更になりまます。 今までは、両トークンとも90%のロックアップ率となっていましたが、いずれとも95%に変更となりました。また、セール価格が一気に引き上げられ...
IMO基礎

IMOトークンセールで買ったトークンはいつ売れば最も儲かるのか?

いかなる投資でも、必ず適切な売り時というものが存在します。 IMOの場合は、トークンセールから48時間後にトークンが取引所に上場します。その後は、取引所においてトークンのバイバック&バーンが入るため、仕組み上は上場からしばらくは価格が...
IMOプロジェクトのニュース

BTEグループ傘下のドバイ貯蓄銀行 仮想通貨参入に政府の許可を獲得

BTE(Business Token Era)は、資金の二次調達ができたため、IMOによるトークンセールを中止しています。 デジタルジャーナルによると、BTEグループ参加ドバイ貯蓄銀行がドバイ政府の許可を得て仮想通貨領域の金融サービス...
IMOプラットフォームのニュース

ZIP→IMOXの「Return of the Kings」が開催

プロジェクトが進捗しているものの、トークン価格が停滞してしまっているプロジェクトの敗者復活プログラム「Return of the Kings」が3月26日よりはじまります。 今回 Return of the Kings が行われるのは...
IMOプロジェクトのニュース

IMOトークンのレンディングサービスが開始

IMOトークンのレンディングサービスが3月23日から開始します。 レンディングサービスでは、IMOトークンを取引所に貸し出すことにより、取引所収益の一部が利息として還元されるようになります。 IMOトークンの預け入れ期間は、90...
IMOプラットフォームのニュース

IMO Eco Systemがホワイトデーキャンペーンを実施

IMO Eco Systemがホワイトデーキャンペーンを実施します。 このキャンペーンでは、3月14日21時からのIMO Eco System(IMO)のトークンセールで高額購入した人に対して、USD0(IMO Eco Systemに...
IMOプロジェクトのニュース

IMO Eco Systemが仮想通貨チャージ型プリペイドカード「Hcard」をプレゼントするキャンペーン2回目を実施

IMO Eco SystemがHcardとの提携を機に、Hcardをプレゼントするキャンペーンを開始します。 Hcardとは Hcardは、仮想通貨を米ドルとしてチャージできるプリベイドカードになります。メリットは、以下の通りです。 ...
IMOプラットフォームのニュース

IMOのトークンセールが3割引で買えるサービスがスタート

IMO Eco Systemでは、3月3日以降からトークンセールにおいて3割引きでトークンを購入できるようになります。 これはIMOトークンで購入する場合に限られ、USDMだと100USDM分の費用がかかるところが、IMOトークンだと...
IMOプラットフォームのニュース

IMO Telegramグループの支援プログラム「IMOエンジェル」が開始

IMO Eco Systemでは、3月5日以降に日本語コミュニティをすべてTelegramグループに移行します。 それに伴い、Telegramグループの支援プログラム「IMOエンジェル」を開始します。アナウンスによると、エンジェルとし...
IMO基礎

仮想通貨チャージ型プリペイドカード「Hcard」の初期設定と使い方

IMO Eco Systemから仮想通貨チャージ型プリペイドカード「Hcard」がリリースされました。 Hcardは、仮想通貨を米ドルでチャージすることによって、Masterのマークが付く店舗で商品購入ができ、また世界に設置されている...
IMOプラットフォームのニュース

IMO Eco System が仮想通貨チャージ型プリペイドカード「Hcard」の取り扱いを開始

アナウンスによると、IMO Eco Systemが仮想通貨チャージ型プリペイドカード「Hcard」の取り扱いを開始しました。 Hcardとは Hcardは、仮想通貨を米ドルとしてチャージできるプリベイドカードになります。メリットは、以下...
IMOプラットフォームのニュース

IMO Eco Systemが仮想通貨チャージ型プリペイドカード「Hcard」をプレゼントするキャンペーンを実施

IMO Eco SystemがHcardとの提携を機に、Hcardをプレゼントするキャンペーンを開始します。 Hcardとは Hcardは、仮想通貨を米ドルとしてチャージできるプリベイドカードになります。メリットは、以下の通りです。 ...
IMOプラットフォームのニュース

IMO Wallet が 2.0.7(2) にバージョンアップ!iPhoneユーザーは再インストールが必要に

IMO Walletがバージョン2.0.7(2)にバージョンアップしました。 バージョンアップに伴い、ロシア語と韓国語が追加になった他、BTCとETHからのUSDMへの交換が新たに対応となっています。 特にiPhone版を利用し...
IMOコラム

IMOでこのプロジェクトを狙え!(2020年2月20日時点)

IMO投資における利益を得るために最も重要なのが、ロックアップ解除です。 ロックアップ解除が多いプロジェクトに集中投資、さらに多くのロックアップ解除をすることが利益最大化のカギとなることでしょう。 筆者はIMO Walletの紹...
IMOプロジェクトの解説

Inter Planetary Optimal Storage(IPOS)プロジェクト概要と投資評価

IPOSは、分散ストレージシステムです。システムにおける利用料をIPOSコインで支払います。 IPOSの公式情報 IPOS 公式サイト IPOS Twitter IPOS Facebook IPOS Telegram ...
IMOプラットフォームのニュース

IPOSプロジェクトが2月20日からIMOトークンセールを開始

先行して「Return of Kings」によるトークンスワップを行い、リニューアルしたIPOSプロジェクトがIMOトークンセールを行うことを発表しました。 トークンセールは2月20日にラウンド1が実施され、ロックアップ率は95%にな...
IMOプラットフォームのニュース

グローバルパートナーにUSD0が配布

IMO Exchangeによると、IMO Eco Systemのグローバルパートナー向けにUSD0のエアドロップが配布されました。 USD0は、キャンペーン参加用のステーブルコインとなり、USDTやUSDMと同等の価値があります。 ...
IMOプラットフォームのニュース

IMOのセミナー 参加レポート

2020年2月13日に、都内某所でIMOのセミナーが開催されました。当日は、USD0のエアドロップもあり、多くの来場者が詰めかけました。IMO Fanでは、聴衆の一人として参加してきました。 ミートアップの冒頭では、現在の投資環境から...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました